やすちんち

子連れ旅5人家族の暮らしとお出かけおすすめ情報

家具・粗大ごみをお金をかけずにまとめて処分したい!一番ベストな方法はコレ!

 行政(大阪市)の引越しごみの回収なら格安で処分できます!

f:id:yasuchin55:20190210122102p:plain

家の片付けで大量の家具などの処分品が出た時の体験談です。

自分の自宅ではなく、義実家の建て替えのための家財の処分だったのですが、ものを溜めこむ家だったので、その片付けは大変苦労しました。

そのなかでも、大型の家具には手こずりました。

どうやって上げたのか想像もできないような大きなタンスが2階にいくつもありましたし、机やベットなどの重いものがほとんど2階に集まっていました。

そんな状態だった家を、夫婦ふたりでどのように片付けたのか?

実は わが家の住んでいる場所は大阪市なのですが、そちらの

「大阪市の引越しごみの回収 」というものを利用したんです。

その詳細をお話ししますね。

 

市の引っ越し回収とは

大阪市の引っ越し回収とは、引っ越しの際に出る家財を1度だけまとめて引き取ってもらえる行政のサービスです。

私はこのことを、大阪市の環境事業局の方に教えてもらいました。

片付けのために毎回大量のゴミ袋を出すわが家にごみ収集の方が苦情を言ってこられたんです。

ごみの量が多すぎて積めなくなるので、1回の量を減らしてほしい!と。

そのときに、建て替えに間に合わないかもしれないので困っていると相談してみると、大阪市の環境事業局の方で

「引越しにともなうごみの回収」

というのを行っているので問い合わせてみるように教えてもらったんです!

このときの作業員さん、神!!

だって、そんなことはごみ収集関連の大阪市のサイトのどこにも載っていないんですよ?

自分ではたどりつけない発想でした。

参考URL

大阪市:粗大ごみの申し込み方法 

大阪市:相談窓口一覧 (環境事業局)

環境事業局に電話をしてみると、ちゃんとそのようなサービスがあるということで安心しました。

やり方はこういう流れでした。

  1. 自宅にて見積もり
  2. 回収日の予約と支払い
  3. 回収日の指定時間までに粗大ごみを家の外に出しておく

まずはどのくらいの粗大ごみの量があるのかをみてもらいます。

 環境事業局の方が自宅に来てくれます。

家具などを見てもらい、金額を算出してもらいます。

その金額とは、通常の粗大ごみにを出す時に支払う費用と同じです。

タンス一竿 1000円

布団4枚 200円

とかのやつです。

見積もりの際に工夫したこと


f:id:yasuchin55:20190210174322j:image

とにかく、引き取ってもらう物の点数が多かったわが家。

見積もりの際に、取りこぼしがないように気をつけなくてはなりませんでした。

私が工夫したことは、簡単な部屋の見取り図を書いておいたことです。

その見取り図を見せながら、処分したいものを見てもらいました。

どこにどんな不用品があるのかを書いておけば、自分自身も忘れずに伝えられるので安心です。

全部で68点もの粗大ごみがあることがわかりました。

その後、片づけが進むとまた大量の粗大ごみを発見することになり、後日また見積もりに来てもらい、さらに51点の物を計上してもらいました。

すべての粗大ごみの総点数は119点もありました。

実際の見積もり金額


f:id:yasuchin55:20190210174351j:image

119点の粗大ごみの総支払い手数料は

合計42400円

ごみ処理券を自分で貼らなくて済む分、手間がずいぶん違ってきますのでお値段以上に助かりました。

家具の搬出ができなくて困った私たちが工夫した方法は!

家に来て、いっぺんに粗大ごみの見積もりをしてもらえるなんて、すごくラクです!

シールをいちいち貼る必要もありません。

しかし…。

粗大ごみを回収日に、家の外に出しておくという部分だけが問題です。

夫婦ふたりだけが戦力なのですから。

残念ながら、室内にある家具を家の外に出すというサービスは行われておらず、あくまで家の外にある粗大ごみを回収するということなのでした。

さて、どうするか。

私たちが工夫したのはこんな方法でした。

引っ越し当日を回収日に

引っ越しの前後数日から回収日を指定できます。

わが家は、あえて引っ越し当日を回収日に指定しました。

それには理由があります。

引越し業者に家具の搬出をお願いしようと考えたのです!

引っ越し業者に外まで運んでもらう

引っ越しの当日、引っ越し業者に2階から家具を降ろしてもらう。

このことはもちろん事前に交渉しなければなりません。

交渉の結果、引っ越し費用そのままで作業してもらえることになりました!

そして、気持ちとして現場に来てくれたお兄さん達に寸志のような形で少しずつ包みました。

プロの男性5人にかかれば、30分で全てが外に。

ほんとうに助かりました!

その後、敷地内のガレージに積み上がった家具の山は圧巻でした。

どこからどう見ても、立派なゴミ屋敷…(汗)

回収に来た2台の大型トラックとパッカー車には積みきれず、後からもう1台応援に来ました。

ゴミが完全に無くなった家のすっきりとした様子は初めて見る姿でした。

とても広々として、こんな風に物を少なく暮らしていれば気持ちがよかったのにと、とても残念な気持ちになりました。

粗大ごみ回収の流れとおさらい

 市の引越しごみの回収を引っ越し業者に運んでもらうやり方の流れをおさらいします。

  1. 市の引っ越し回収に見積もりに来てもらう(2週間前まで)
  2. 引っ越し当日を回収日に指定
  3. 午前中に引っ越し業者に家の外に不要の家財(粗大ごみ)を出してもらう
  4. 市のトラックが来て不要品を回収

 家の中から家の外に重い家具を出すというハードルさえなんとかなれば、とても手間が少なく費用の負担も軽くすることができるやり方です。

 

これから引越しなどで大量の粗大ごみがでるかもしれないという方や、片付けの時間が取れない場合の参考にしていただければうれしいです!

 

あわせてよみたい

ゴミ屋敷の片付け カテゴリーの記事一覧