やすちんち

子連れ旅5人家族の暮らしとお出かけおすすめ情報

【LCCスクート】航空券をwebで買った時の失敗談

スクートの予約で焦った私が行った過ちとは

その当時の私は、LCC の航空会社を利用することは初めてでした。

そして、Webサイトから航空券を購入することも初めてでした。そんな私が、生まれて初めて尽くしの中で失敗してしまった経験を公開します。

私は普段、アマゾンや楽天で買い物しまくってるので、Webで航空券の発券をすることに対して、とくに抵抗は無かったです。

しかしそんな私でも、焦って動揺してしまったり、慌てたことにより間違ってしまったことがありました。

他にも同じ過ちを繰り返す方が出ないように、今後の参考になれば幸いです。

f:id:yasuchin55:20181029115633j:plain

 4名の航空券88000円が107420円に!

今回の旅のメンバーは大人ひとり子ども3人です。

しかしLCCの場合は、子ども料金は無いので、大人4名分の座席が必要です。

LCCスクートのタイ行きの航空券の、お値段はひとり片道11000円程度だったので、1名往復22000円×4人=88000円という計算でした。

4名分の航空券が88000円!安い!

と思っって飛びついたのだけど、実はこの他にいろいろなオプションがあり、動揺していたのかなんなのか、慌てた私はよく調べもせずに必要ないものまでオプション購入してしまったのでした。

なので、実際に支払った金額は107420円です

2万円も高くなってるやん…( ̄▽ ̄;)

手数料を忘れていた+6400円

まずは

☆支払手数料+6400円 

これ!めっちゃ高くてびっくりしました!でも、手数料は絶対必要なので仕方ない。

 受託手荷物+7000円

☆受託手荷物20キロ 片道3500円を往復で購入。+7000円

とりあえず帰りの分だけにすればよかったのかも…。

まだ持っていくカバンも決めてない段階で、気が早かったと後悔。

スーツケースにするのか、それとも機動力のいいリュックにするのか。スーツケースにしても、大きいのにして全員分を入れた方が楽なのか。それとも小さめのに小分けにしてこどもたちにそれぞれ持たせるのがいいのか!?

悩ましいところです…。

カバン問題にとうとう決着がつきました!こちらの記事へどうぞ

 

一番の後悔は機内食!+5200円

☆機内食の事前オーダー 

1300円のサンドウィッチ(2個入り)×2つを往復分

+5200円

これは、とりあえずなんか注文しとかないと、こどもがお腹空いた!とぐずると困ると思ったのと、事前オーダーだと割引があるので注文しちゃったんです。人数より半分の2名分にして4人で分けるつもりでした。

でも、あとからネットで調べてみたら、飛行機内でもっと安いカップラーメンやスナックみたいなのがある、とか。手荷物検査後におにぎり買って乗る前に食べたよ!とか。機内食は非常にまずい、とか…。いろんな情報がありました。

こどもたちも寝ちゃうかもしれないんだし、慌てなくてよかったと思った一番の後悔ポイントがこの食事の事前オーダーでした。

そして、実際に乗った時には、なんと全く食べることはありませんでした!その理由はこちら

座席指定もおそらく必要なかった+4320円

☆座席指定料金 一席 1080円×4人分+4320円

行きだけは確保しといた方がいいか。

帰りのことは後で考えてから予約しよう。

とクリックして、決済後の明細書を見てびっくり。帰りの座席指定をしちゃってました!

これは完全にワタシの勘違い。アホです。はい。


というわけで、航空券の代金以外に二万円ほど多く支払うことになってしまいました。

もともとが安いとはいえ、痛い出費です。

座席に関しては、後にネット情報を調べたところによると早めにチェックインに行けば、家族バラバラにされることはないようなので、その情報を信じて早めに行ってみたいと思います。
ダメだったら、その時に諦めて追加料金払います…( ̄▽ ̄;)

それに、よく考えてみると帰りの便は朝の9時25分発なので、こどもを連れて早めに行くのは大変かもしれないので、この選択でよかったのかも!?ポジティブシンキーング☆

結果的に、子ども達と離されることは無く、同じ列の席になることができました。その時の記事です。

 

食事のオーダーに関しては、予約してすぐだったらキャンセルできるんじゃねーか!?と、淡い期待を抱き、スクートのコールセンターに電話をしてみたんだけど

「無理ですね」と、あっさり言われてしまいました。少々カタコトなので、マジでこんな感じで(笑)

諦めて、高級機内食を食べます(T-T)

そして、お味のレポします!!

※結局食べられなかったので、レポできませんでした。実は、搭乗する予定の飛行機がたいへんなことになってしまったのです。そのときの記事はこちら