やすちんち

子連れ旅5人家族の暮らしとお出かけおすすめ情報

LCCの遅延を体験!補償のミールクーポンが発行されました【タイ子連れ旅4】

LCCスクートに食事のバウチャーをもらいました

f:id:yasuchin55:20181115094448p:plain

搭乗予定のLCCスクートが機材トラブルのため6時間の遅延になり、補償のミールクーポン(食事のバウチャー)を受け取った私たち親子4人。

時間つぶしをかねて、空港内を探索することになりました。

空港内で食事の場所を探す

ムスメちゃんのサンダルは千切れたまま。

サンダルが千切れた経緯はこちら

仕方なくカートの上に座らせて、空港内をウロウロ…。

時間は夕方の6時。本来ならば、今ごろテイクオフしてるはずの時間。でも、残念ながら遅延のため出発時間まであと6時間もの時間がある。

ムスメちゃんのサンダルを買いに行くか。いや、それは高くつくからやっぱり接着剤を買うか。それともまずは食事でもするかな?

うん。そうしよう。色々考えることも出来るしね。

 と言うわけで、ぶらぶらとレストラン街へ向かってみることに。

…うーん。色々あって迷っちゃう。最後に日本食を食べておこうか?おっ!回転寿司もあるやん!などと悩みながら空港内のレストラン街をうろうろ。

航空会社から遅延の代償にもらったミールクーポン(どのレストランでも使える食事券)は1名1000円の4名分で、4000円分ある。それだけの金額があれば、わりと何でも食べられるということで、逆に余計に迷っちゃう。逆にね。

最後の日本食はマクドナルド!?

などと、案内板を眺めていたら。

「あ!お母さん!マクドがあるよ」と、おにいがマクドナルドを発見。

「あっ!ほんまや!俺フィレオフィッシュにする!」と、ちいにい。

「ポテト!ポテト!」ムスメちゃんまで。

もう、完全に決定事項のように会話が展開していきます。

「えーーーっ!?マクドなんていつでも食べられるやん!今日は違うのにしようよ。日本から離れるから、最後に日本食食べない?お寿司は?」

「えーっ!?俺はもうハンバーガーの口になってる」「お寿司にするなら俺は食わん」「ポテト!ポテト!」

普段は喧嘩ばかりなのに、団結してギャーギャー騒ぎ出す3人。

子供達、いつもはお寿司も好きなんだけどね。今はマクドがいいのね。わかった。付き合おう。

「そのかわり!かーちゃんはマクド食べないから。あとでどこかのレストランに行くから着いてきてよ!」「おー!いえーーす!」

テンション高く、慣れない英語を繰り出す小学生たち(笑) 

ゾロゾロとマクドまで移動し、席を確保して列に並ぼうとしたら、ムスメちゃんが「赤ちゃんのイスがいい!」

…はいはい。

お店の端っこに置いてあるベビーチェアを取りに行って、自分達の確保してある席に置いて、また注文カウンターに戻ったら…

さっきまでガラガラだったのに、突然長蛇の列に!なんで~??なんか、さっきからいちいち付いてなくない!?

全ての行程に於いての不穏な何かをヒシヒシと感じながら列に並んでいたら、子供達の注文の順番に。

そしてムスメちゃんは、おもちゃの選べないハッピーセットを注文し、案の定、欲しかったサングラスではなく一番ほしくなかった髪飾りをゲット!

きっと不穏な何かのせいやね。

f:id:yasuchin55:20180827163902j:plain

テンションダダ下がりで、分かりやすーくごね始めたムスメちゃん。 

めんどくさい。

めんどくさいけど、放置していたらもっとめんどくさくなるのは目に見えているので、とにかく

「あれっ!?これめっちゃ可愛いー❤えっ!?要らないの?要らないの?ほんとに!?わーい!!だったらかーちゃんが貰っちゃおー❤❤」

渾身の力で演じ、おにいたちにも目配せ
「わー。いいなー」棒読み。「俺も欲しー」棒読み。

すると、「ダメー♪これはあたちの♪」一挙にご機嫌モードに。たやすいのう(笑)

とーちゃんがムスメのくつ持って来るって

髪飾りを着けて、ハンバーガーを頬張るムスメちゃん。とっくに食べ終わって、お腹いっぱいのおにい達。皆がひととき、ご機嫌で居たそんな頃。

遅延の報告をしておいた、とーちゃんからの返信の電話が。

第一声は「さい先ええやん(笑)」

いやいやいや!と、そんな冗談が笑えないくらい、ずっと不穏な何かに翻弄されていることを語り始めたら「せっかくやから見送りに行くわ!話しは後で聞くわ」

あー。うん。いや。

嬉しいような、余計なお金かかるやんという気持ちになったり複雑。

我が家から関空まで、高速代やらなんやらと橋の渡り賃を足したら、たぶん往復4000円くらい。ギャー!

あ!でも!これでムスメちゃんのサンダルを買わなくて済むやん!

よかったぁーー!先にサンダルを買いに行かなくて。

もう二度と千切れたりすることが無いように、スニーカーを持ってきてもらうことにしました。