やすちんち

子連れ旅5人家族の暮らしとお出かけおすすめ情報

インド映画好きだった?キライだった?どちらが観ても楽しめるおすすめ作品3つを無料で見る方法!

アマゾンプライム会員なら無料で見られるおすすめインド関連映画

f:id:yasuchin55:20190214164829p:plain

ていないさん(@tei_nai )とカラーひよこさん(@colorhiyokoma)のツイッターコラボで行われた、好きな映画ベスト3をみんなで発表しあいましょうというこの企画。参加表明をしたら、こんなに素敵なアイキャッチ画像をいただいちゃいました!

  • Twitter でツイートする際に #好きな映画ベスト3(3は全角数字)のハッシュタグを入れてください
  • 参加締め切りは 2/28(木)

ということで、まだ間に合いますのでみなさんふるって参加しましょう~!

※この企画の募集は終わっています

 

私が今回紹介したいのは、昔バックパッカー時代に旅をしたインド。

そのインドを舞台にした 映画を3つ!

 

インド映画と言えば、歌あり、笑いあり、恋あり、涙あり、サスペンスあり、時にはホラー要素まで…。

いや、盛りだくさんすぎて無理やりやん!(笑)

 

そんなインド映画が好きだった人。

キライだった人。

どちらが見ても楽しめるおすすめ作品3つです!

でも、インドにまったく興味が無くて今まで観たことない方でも、絶対楽しめますよ~(^^)

実はこの3つの映画、私は全部無料で観ました。

私はアマゾンプライム会員なので、アマゾンプライムビデオの無料で見られる作品だったので無料で観られたのです。

主婦の私だからこそアマゾンプライムに入ってよかった!

という話はこちらからどうぞ

www.yasuchin.com

 

 

きっとうまくいく

 

監督:ラージクマール・ヒラニ

キャスト:アーミル・カーン, カリーナ・カプール

「きっとうまくいく」あらすじ

日の出の勢いで躍進するインドの未来を担うエリート軍団を輩出する、超難関理系大学ICE。エンジニアを目指す天才が競い合うキャンパスで、型破りな自由人のランチョー、機械より動物好きなファルハーン、なんでも神頼みの苦学生ラジューの“三バカトリオ”が、鬼学長を激怒させ、珍騒動を巻き起こす。 抱腹絶倒の学園コメディに見せつつ、行方不明のランチョーを探すミステリー仕立ての“10年後”が同時進行。根底に流れるのは学歴競争。加熱するインドの教育問題に一石を投じ、真に“今を生きる”ことを問いかける万国普遍のテーマ。(C)Vidhu Vinod Chopra Production 2009.All rights reserved

「きっとうまくいく」をみた感想

この映画はインドの工科大学を舞台にした、友情と信頼、なぜ人は学ぶのか、なぜ生きるのかという人生の問いを考えるきっかけを与えてくれる映画なのです。

苛烈を極める学歴社会でのプレッシャー。

そんな日常から増える若者の自殺。

昔ながらのインドのカースト問題。

難しいテーマにも関わらず、明るく笑いこけながら話は進んでいきます。

大学が舞台ということもあり、中学生くらいの子どもであればこの良さが理解できると思います。

うちの子どもにはまだ早いかと見せていませんが、もう少し大きくなったら必ず見てもらいたい作品です。

そしてそして!

インド映画にお約束も 歌と踊りももちろんあります!

が、そういうノリが苦手な人も、この映画だけは大丈夫かもしれません。

とにかくテンポよく話が進むので、集中していないと

「誰だこれ?」

「どこだ?ここ?」

ということになりそうです。

私が1番好きだったシーンは

「きっとうまくいく」の邦題の元になった「All is well」(Aal Izz Well)という内容の歌をみんなで踊る圧巻のシーンです。

とにかくこの歌が耳に残って離れない。

辛いことだらけの日常だけど、未来をみようよ!

きっと拓けるからさ!

と高らかに唄います。

生きる喜びが伝わってくるこのシーンは本当に心が震えました。

若さ、希望、未来、困難に打ち勝つ強さ、そんな気持ちを与えてくれる映画でした。

きっと、うまくいく(字幕版)

きっと、うまくいく(字幕版)

 

スラムドッグ$ミリオネア 

 

 監督:ダニー・ボイル

キャスト: デヴ・パテル, フレイダ・ピント, イルファン・カーン

「スラムドッグ$ミリオネア 」あらすじ

世界最大のクイズショーで、残り一問まで辿り着いたスラムの少年。間違えれば、一文無し。正解すれば、番組史上最高額の賞金を手に入れる。〈スラムの負け犬:スラムドッグ〉が全てを賭けて出した、人生の“ファイナル・アンサー”は―?(c)2008 Celador Films and Channel 4 Television Corporation

 「スラムドッグ$ミリオネア」をみた感想

ファイナルアンサーでおなじみの、あのクイズ番組。

その最終問題まで残った主人公 ジャマール。

クイズに挑戦した理由は、幼なじみのラティカを救うべく大金を目指すため。

彼は最後の問題で正解して スラムの犬から抜け出せるのか ?

主人公の子供時代はインドの底辺に生きる人々の姿を描いており、平和な日本に住んでいる身にとっては、とても衝撃的な内容でした。

スラム街で肩を寄せ合い、犬のように固まって眠る子どもたち。

どうしても自分の子どもに重ねて見てしまい、つらくなります。

私がインドを旅行中も、衝撃を受けたことが何度もありました。

大勢の子ども達が、ムシロのようなものを敷いて地面に横になっている道路。

まだ歩き始めて間もないような小さな子どもが、全裸でヨチヨチと寄ってきて小銭や食べ物をねだります。

両足が無い体で器用にスケボーに乗り、小銭を要求してくる物乞いの少年に追いかけられたりもしました。

しかし、そこでもし財布を開けると、あっという間に子ども達に囲まれて大変なことになるのです。

心を閉ざして通りすぎた時のことが、今も胸に残っています。

この映画のよかったことは、さんざんな目に遭った孤児のふたりが最後に勝利を勝ち取るのです!

人生あきらめてはダメだ。

いつか希望が見える日が来る。

そのためにはくさらないで生き続けること。

そんなことを教えてくれる映画です。

 

ライオン 25年目のただいま

 

 監督: ガース・デイヴィス

キャスト:デヴ・パテル(子役サニー・パワール), ニコール・キッドマン, ルーニー・マーラ

「ライオン 25年目のただいま」あらすじ

インドの山あいにある貧しい家庭に生まれた5才のサルーは、愛情深い母とやさしい兄グドゥに守られて暮らしている。

そんなある日、兄と街へ出かけたサルーは、はぐれてしまい雑踏の中で迷子になる。

兄を探すなかで、間違って回送電車に乗ってしまい、1300キロ離れた都会へたどり着いてしまう。

そこでは、親のいないたくさんの子ども達がいた。

そう。ストリートチルドレンだ。

こうなった今、サルーもまた、ストリートチルドレンなのだ。

地下道で子ども達が肩寄せ合って眠る中へ、仲間に入れてもらう。

母を求めてさまようサルー。兄を呼ぶ声。見える家族のまぼろし。

大都会の雑多な駅で助けを求めるも、小さな子どもの声に耳を傾けるものはおらず、無視する大人たち。

そんな中、ストリートチルドレンを狙った人身売買の集団に寝込みを襲われたところから、からくも逃げきり、親切な女性に拾われる。

しかし、その女性もまた、別の人身売買の息がかかっていたのだ。

そこからも逃げ、運よく孤児院に入ることになったが、しかしそこもまた劣悪な環境なのだった。

その後、ラッキーなことにオーストラリアの夫婦からの養子の縁組がなされることになる。

インドを離れるサルー。

オーストラリアでの暮らしは、ストリートチルドレンになっていたサルーにとって、信じられないような幸福に満ちたものだった。

しかし、大人になったサルーは、あるきっかけで過去の自分のことを思い出す。

断片的なインドの記憶。

どこかにあった本当の家族との生活。

やさしい母の笑顔。

貧しいけれど、愛情を注がれていたあの毎日を。

そしてGoogle Earthを頼りに、家族を探し出す決意をする…

「ライオン 25年目のただいま」を観た感想

この映画はとにかく泣けます!

その号泣ポイントは3つ!

まずは小さい子がお母さんと離れてしまい、必死に生きている。それだけでお母ーちゃんは泣いちゃいました。

そして、このサニー・パワールくんのお顔と声のかわいいこと!

ふたつめは、本当の母に会ったときの映像が、実際のものが使われていたのです。

そうです。この話は実話なのです!

3つ目、ほんとにラストに一行だけの説明文があっただけなのですが、1番泣けたのはここでした。

サルーの兄、グドゥはサルーが行方不明になったその日に列車に轢かれて亡くなっていたのです…。

仕事を探しに行って戻ってこない兄。

探し回るサルー。

果たして兄が戻らないのは、すでに列車に跳ねられたからなのか。

それとも、そうではなく、戻ってみると居なくなっていたサルーを探し回っていて、列車に跳ねられてしまったのか…。

以前、弟がスイカを持って走っている時に、バイクに跳ねられたことがある。

その時に、どうして目を離したのかと母にせめられた。

大怪我をしてぐったりしている弟の姿。

それが頭から離れずに必死に探していたのではないか。

その後、さまざまな困難からギリギリのところで逃げ切り、サルーは奇跡的に善良な夫婦にもらわれ、幸福な人生を歩み始める。

それは、死してなお、兄が守り続けてくれたからなのではないか?

「お兄ちゃん、ありがとう。弟を守ってえらかったね。」

そんな言葉をかけずにはいられませんでした。

以上、私の好きなインド関連映画ベスト3でした!!

インドに興味無くても、泣きたかったり感動したい方はとにかく見てください!

ほんとにおすすめですよ~(^^)

 

アマゾンプライム会員なら無料で観られます

私はこの3つの映画をアマゾンプライムビデオ(Amazonprimevideo)で無料期間に観ることができたので本当にラッキーでした!

アマゾンプライムビデオとは、アマゾンプライム会員なら映画やドラマなどの作品を2万タイトル以上も無料で観られるというサービスです。

現在は有料になっているものもありますが、また無料になることもあると思いますので、ぜひウォッチリストに入れておいてくださいね(^^)

Amazonプライム・ビデオ

Amazonプライム・ビデオ

 

 

 

映画をみながら、ご一緒にインドカレーはいかが?

 

 

こちらもプライムビデオで観られます!

www.yasuchin.com