やすちんち

子連れ旅、5人家族+1との暮らしについてや日々のこと。

鉄輪地区の100円公衆浴場「渋の湯」と人気の地獄蒸し工房鉄輪で地獄蒸しランチ

弾丸フェリー 関西~九州の大分別府にやってきました!

 

前回の話

 

地獄巡りを後にして、日帰り温泉をめざすことになった母子4人。

街の人に聞くと、鉄輪バス停の近くに公衆浴場があるらしく、そちらへ向かうことに。
見つけたところは「渋の湯」情緒のある建物です。

 

渋の湯
大人も子どもも、1人100円。

 
f:id:yasuchin55:20180513145846j:image

ガラリと扉を開けると、脱衣所から湯船までひと続きで扉が無い!
お湯に浸かっている女性が見えて、焦りました~
脱衣棚に遮られるので丸見えにはならないですが、若い方は抵抗があるかもしれません。

でも、もう若くないお母さんと子どもだけなので気にせず入ります。

 

かけながしのお湯は、鉄分の香りが少ししてうっすらとぬめりがあり、お肌がツルツルになり、とても温まりました。
温度は高めだったので、娘は長く入れませんでした。
ていうか、一瞬で出たがりました(爆)
お湯から出ると極寒なので湯船の横に立たせて、お湯をかけてやりながら私だけ浸かる作戦で、何とか温泉を堪能することができました。
着替える際も極寒なので、よく温まらないと絶対に風邪をひきます!
子どもを着替えさせる間、自分はほぼ素っ裸のままなので、子連れの場合は尚更です。

着替えやすい服じゃないとダメですよ!

 

そんなバタバタで温泉を出てみると、男子チームは、余裕でとっくに出てきてゲームしてやがりました。
f:id:yasuchin55:20180513144526j:image

この渋の湯の他にも近くに数軒、100円で入れる公衆浴場があったのですが、我が家は1軒だけで止めておきました。

絶対風邪ひくから。

 

温泉街を歩いて鉄輪バス停方面へ。
この鄙びた町並みが素敵です。

 
f:id:yasuchin55:20180516223918j:image

飲泉場を発見!


f:id:yasuchin55:20180513145954j:image

飲んでみると、しょっぱくて鉄臭くて…
私も子ども達も、ほんの少しでごちそうさまでした。


f:id:yasuchin55:20180513150038j:image

敷地の中には足蒸しもありました。

奥には食事ができるお店もあり、覗いてみると11時過ぎだというのに既に沢山のお客さんが。


f:id:yasuchin55:20180513150122j:image

「地獄蒸し工房鉄輪」

有名なお店のようです。
少し早いけれど、こちらで昼食をいただくことに。


f:id:yasuchin55:20180513150247j:image

釜の使用料 大540円 小340円+食材の代金

メニューを見て、食べたいものと蒸し釜のサイズを選んで券売機で食券を買います。
私達は卵、トウモロコシ、サツマイモ、やきとり、鶏肉を選びました。
代金は、食材と釜代を合わせて3500円くらいでした。

券売機の前にはお店のおじさんがいて、食券を買うお手伝いをされており、外国人のお客さんには流暢な英語で対応されていました。
かっこい~!
ほんとに国際的な街だなあ。別府。


f:id:yasuchin55:20180513150347j:image

食券と引き換えにもらった食材を釜に入れて蒸します。

これは子どもは出来ません


f:id:yasuchin55:20180513150419j:image

蒸したての卵とトウモロコシ。
どれも甘い~
食材の甘みをひきだすのでしょうか?

このあと、蒸し時間の長い鶏肉とさつまいもを食べましたが、どれも甘くて美味しかったです。

ただ、鶏肉とやきとりは冷凍でした。

蒸して食べたら美味しかったのだけど、渡されたときは正直

「えっ!?これ…?」

ってなりました。

とうもろこしもレトルトでした。

これから行かれる方は、旬の食材などを考えて注文された方がいいと思います!

 

でも、自分で蒸す体験もできて、あつあつの出来立てをいただく。
ただ塩やしょうゆだけの味付けなのにとっても美味しくて。
こちらを昼食に選んでよかったです。


f:id:yasuchin55:20180513150456j:image

美味しかったので、卵はもう一度追加しました。
自分が借りている釜の時間内なら追加オーケーだそうです。

11時半を過ぎた頃から、店内は満席になり行列ができ始めました。
外国人の割合が多かったように感じたので、きっと海外でも有名なんでしょうね。

 

昼食も終わり、お腹いっぱい!

さて、今度はどこに行こう!?

 

 

次の記事

www.yasuchin.com

 

弾丸フェリー体験記ダイジェスト - やすちんち

弾丸フェリー乗ってみた!クルーズ体験!お得に旅する方法5つはコレ! - やすちんち