やすちんち

子連れ旅5人家族の暮らしとお出かけおすすめ情報

白い砂と魚の群れ!ここは沖縄!?と驚いた兵庫県豊岡市の竹野浜海水浴場

大阪から車で3時間で透明度抜群の海に行けちゃうおすすめビーチ

f:id:yasuchin55:20190219221428j:plain

兵庫県豊岡市の竹野浜海水浴場って知ってますか?

わが家は、日本海にあるこの竹野浜海水浴場が大好きで、毎年1度は訪れています。

そして、とても家族連れや子ども連れ向きなビーチだと感じています。

え…?日本海ってきれいなの?

って思われたそこのあなた!

むちゃくちゃきれいで波も穏やかですよ!!

ビーチリゾートが好きで、沖縄 やモルディブなど数々のきれいな海を見てきた私のお墨付きです!

海がきれい。それだけではなく子連れにやさしいポイントや、便利なことがたくさんあります。

そんな全力おすすめビーチをご紹介します(^^)

 竹野浜海水浴場

 f:id:yasuchin55:20190219221304j:image

アクセス

住所:兵庫県豊岡市竹野町竹野17-22

電車、車ともに大阪からだとおよそ3時間です。

※電車の場合はJR山陰本線竹野駅下車徒歩15分

駐車場1500円/日

駐車場は海水浴場すぐ近くに3箇所あります。

それぞれ同一料金で

普通自動車・軽自動車 1500円/日 

 繁忙期は早朝に到着しないと駐車場はすぐにいっぱいになります。

この日は8月の1週目ということで、夏休みの家族連れが大勢訪れていました。

私たちは7時半ごろに到着しましたが、先客がすでにたくさんいて驚きました。

そして10時頃には、駐車場は満車で、待っている車で大行列ができていたんです。

朝が苦手なわが家が、現地に早朝に到着できたのは、車中泊だったからなんです。

現地に早朝に行かなくてはならない場合に、とても助かると、あらためて感じました。

参照記事 関西で子どもと車中泊!今まで行ってよかったところ5つ

竹野浜海水浴場のおすすめポイント5つ!

竹野浜海水浴場がおすすめな理由はこの5つです!

  • 海がきれいで波が穏やか
  • 魚やカニなどが捕まえられる
  • シュノーケルができる
  • 海上のエアー遊具がある
  • カヌー、マリンスポーツなど多彩なアクティビティがある

この他にもうひとつ、最大のポイントがありました!

それは

ビーチに温泉がある

ということです。

海で遊んだあとに水着のまま温泉施設に入れるのです!

これはうれしい。

シュノーケルができる

f:id:yasuchin55:20190228104545j:image

竹野浜海水浴場は、子どもと一緒に初めてのシュノーケリングをするのに持ってこいの場所です。

  • 浅瀬にも魚がいる
  • 浜辺からすぐの所に岩場がある
  • 透明度が高く水中がよく見える
  • 波が穏やか

下の2つは海のコンディション次第なのですが、よい天気の時などは本当にキレイな海です。

 ホテルそばの岩場には魚がたくさん

f:id:yasuchin55:20190219221215j:plain

ビーチの西側の端には「奥城之崎シーサイドホテル」があります。

そのホテルの近くには、岩場が多くなっているのですが、その岩場の辺りを水中メガネで潜ると…。

うわぁーお!

小さな魚がいっぱい!

あ、こっちにはイカの群れが!

岩の陰には大きな魚も隠れてる。

えっ!?

ここは沖縄?

違う違う!日本海やん!

と、驚くこと間違いなしです。

海の生き物が捕まえられる

f:id:yasuchin55:20190219221248j:image

シュノーケルで魚を捕まえるのは、さすがにハードルが高いですが、カニやクラゲ、ヒトデなどは簡単に捕まえられます。

この日は、手のひらより大きなヒトデを捕まえて、子どもたちは大興奮でした。

ヒトデって、案外硬いんですよね。

見た目は軟らかそうなのに、触ってみないとわからないものなんですよね。

そんな風に「本物に触れる」という体験は、子どもにとっては、とても貴重な経験になるので大切にしたいと思っています。 

海の上の遊園地「たけのチックlagoon」

f:id:yasuchin55:20190219221331j:image

足がギリギリ届かない程度の深さの場所に、エアー式の遊具が浮かべてありました。

これは海の上の遊園地「たけのチックラグーン」というものです。

  • 大人1500円(繁忙日2000円)
  • こども1000円(繁忙日1500円)

※1時間ごとの入れ替え制でライフジャケットのレンタルつき

朝の10時を過ぎる頃には行列ができていました。

お金を支払い、指定された時間になったら集合して、エアー遊具で遊べるという段取りです。

うちの子ども達もやりたがるかな…と思いましたが、シュノーケルがよっぽど楽しかったようで、夢中で潜っていたためか、結局さいごまでやりませんでした。

次回は挑戦したいです! 

山陰海岸ジオパークでカヌーや各種アクティビティ!

f:id:yasuchin55:20190301180241j:image

山陰海岸ジオパークでカヌー体験ができます。

ジオカヌー

  • 所要時間:約1時間30分
  • 料 金:5,000円※温泉つき

受付場所は、後述する「北前館」という場所になります。

ここでは、ダイビングや漁船で近辺をクルージングするというアクティビティの受付もされています。

この他に、すぐ近くの弁天浜では、着ているジャケットから水が噴出し空を飛べる「ジェットパック」や、水圧で空を飛ぶ「ホバーボード」や「フライボード」もあります。

ビーチ内に温泉! 

 竹野浜海水浴場には日帰り利用できる温泉があります。

水着のままで温泉施設に入れるので、海で遊んだあとにシャワーよりもさっぱりして帰ることができます。

北前館

温泉はビーチの中央あたりにある北前館内にあります。

北前館は、この周辺の漁村の資料館と各種アクティビティの申し込みカウンター、温泉、レストランを併設した施設です。

外観は小さな旅館という感じです。

北前館内には、水着のまま入っても大丈夫です。砂を落として入るようになっており、入り口にある水道で洗います。

温泉料金 

北前館内にある温泉施設「誕生の湯」

誕生の湯料金

 

  • 大人600円
  • こども350円

北前館では温泉のある2階へも、水着のまま上がっていけます。

入り口の水道で1度洗ってはいるものの、すべての砂は落ちきらずに、温泉内の床は結構ザラザラでした。

きれい好きな方はちょっと気になるかもしれません。

あ、温泉はナトリウム泉らしく、ちょっとヌルっとしていて気持ちよかったです。

脱衣場、浴場内ともに広くはないですが、洗い場もたくさんあるので回転がよさそうです。

この日は日曜日でしたが午後2時頃と早かったためか、混雑することなくゆったりとはいれました。

子どもの年齢別快適な過ごし方

竹野浜海水浴場で、子ども連れでの快適な過ごし方は

  • 浜茶屋(シャワーつき)で席を確保してゆっくり過ごす(大800円小600円幼200円)

または

  • テントを立てて日陰を作って、浮いたお金で帰りは温泉に入る

 になるかと思います。

小学生以上

わが家は、子ども達が小学生なので、じっと座っている時間は少ないだろうと考えましたので、テントを立てて、温泉に入ることにしました。

実際、子ども達は遊ぶことに忙しく、おにぎりを立ったまま食べて、また海へ走っていってしまいました。

私と夫が交代で幼稚園の娘を日陰で休ませるのに使っていましたが、娘も海に入りたがりテントに居る時間はほとんどありませんでした。

乳幼児

乳幼児を連れている場合は、幼児の利用料は200円と安いですし浜茶屋を借りた方が快適に過ごせるのじゃないでしょうか?

テントで影があるとはいえ、浜辺は暑いので熱中症の危険があります。

そして、どうしてもテントのための荷物が多くなります。

乳幼児の荷物はそもそも多いですし、子どもを抱っこしたりと運ぶのが大変です。

それになんといっても、休憩している時間の方が長いので、ゆったり過ごせる浜茶屋の方が安心かもしれませんね。

テントを貼るなら早めに!

f:id:yasuchin55:20190219221353j:image

 少し大きくなった子ども連れなら、テント使用で節約がベストかとは思いますが、時間が遅くなると波打ち際が見えない遠い場所しか空いていません。

そうなると子どもの様子が見えずに心配になりますので、早めに行って場所取りをおすすめします。

以前、子どもを溺れさせたことがある私は、子どもの様子が見えないととても心配になってしまいます。

その時のことも記事にしています。

関連記事 

親は気がつかないことも!子どもが溺れたときの対処法と一番安全な浮き輪は?

宿泊先のプールで子どもが溺れた体験談【タイ子連れ旅16】

この日は、10頃にはびっしりとテントで埋まっていました…。

テントを利用される予定の方は、早めに行かれることをおすすめします!

8月後半はクラゲに注意!

 この辺りは、8月のお盆を過ぎる頃にはクラゲが多く発生します。

クラゲをたくさん捕まえる!という遊び方もできますが、刺されると痛いですので、できれば7月初~8月中旬までに出かけるのをおすすめします!

短い夏を満喫しましょう。

関西在住の家族連れや子ども連れにおすすめの海水浴場「竹野浜」

ほんとにいいところなので、1度訪れてみてくださいね!

 

 こちらもあわせて