やすちんち

子連れ旅5人家族の暮らしとお出かけおすすめ情報

【スマホを落としただけなのに】あたりまえの日常が一変する恐怖!

スマホを落としただけなのに、まさかこんな凄惨な事件に捲き込まれることになるなんて!

現代社会に不可欠な存在のスマートフォン(スマホ)。

そこにはメールや電話としての機能だけではなく、写真やSNSを含めた

「その人の生活のすべて」

が詰まっている。

そんなスマホをもしも落としてしまったら?

それをとんでもない悪人に利用されてしまったら?

 

そんな恐ろしいことが現実に起こってしまったらこんな目に合ってしまうかもしれませんよ…。

 

   

 

スマホを落としただけなのに紹介

スマホを落としただけなのに

監督:中田秀夫
キャスト:北川景子, 千葉雄大, 原田泰造

 

スマホを落としただけなのにあらすじ

 彼氏の富田に電話をかけた麻美は、スマホから聞こえてくる聞き覚えのない男の声に言葉を失った。

たまたま落ちていたスマホを拾ったという男から、富田のスマホが無事に戻ってきて安堵した麻美だったが、その日を境に不可解な出来事が起こるようになる。

身に覚えのないクレジットカードの請求や、SNSで繋がっているだけの男からのネットストーキング。

落としたスマホから個人情報が流出したのか?

ネットセキュリティ会社に勤める浦野に、スマホの安全対策を設定してもらい安心していた麻美だったが、その晩、何者かにアカウントを乗っ取られ、誰にも見られたくなかった写真がSNSにアップされてしまう。

時を同じくして、人里離れた山の中で次々と若い女性の遺体が見つかり、事件を担当する刑事・加賀谷は、犯人が長い黒髪の女性ばかりを狙っていたことに気が付く

(C)2018映画「スマホを落としただけなのに」製作委員会

 

スマホを落としただけなのに感想

主人公北川景子の彼氏である田中圭が偶然無くしたスマホを拾った何者か。

それは、髪の毛の長い、女なのか男なのかよくわからない人物がずっと後ろ姿だけで登場してくる。

パソコンを詳しく使える人なら当たり前なのかもしれないが、この人物はスマホのデータをパソコンに移して、遠隔操作やカードの暗証番号を盗んだりもする。

こんなことが、スマホを落とすというだけでやられてしまうということを、わかっていたようで、具体的にはわかっていなかった。

そういう意味でも、とても勉強になった作品でした。

 

スマホもパソコンもよくわからない!

ハッキング?

クラッカー?

なにそれ食べるやつ?

そんな方は、ぜひ見ておいた方がいいですよ!

 

ホラーなシーンは比較的マイルド

この映画は、序盤から連続殺人事件に発展していくのですが、実際の殺害シーンはほとんど写らないので、ホラーを期待している人からすれば

「なんじゃこりゃ」

なレベルかもしれません。

 

安定の田中圭くん。いつも通りでいい!

 「おっさんずラブ」で大ブレイクの田中圭くん。

安定の「すこやかに育ったいい男の子」を演じています。

いつも一緒で、これ演技なの?本人がこれなの!?

という気持ちになるのはなりますが、好きだから問題ないです。

という私情たっぷりの感想です(笑)

 

さらによかったところは北川景子のひどい泣き顔と伏線回収の快感!

北川景子さんという女優さんは、ほんとに美しい顔をしている。

なのに、その泣き顔のひどくブサイクなこと!

しかしそれがリアリティを生んでいるというか、ほんとに感激している、恐怖を感じている、悲しんでいるということが伝わる。

きれいな女優さんの中には、泣き顔すらも美しい方がたくさんいますが、私は、この泣き顔ブスな北川景子さんの方が好きです。

きれいなだけじゃなくて、演技力もあるのだと改めて感じた作品でした。

そして、途中で何度も出てくる主人公北川景子のプロポーズに対する曖昧な態度や、極端な怯えよう。

この伏線が最後に回収されるのですが、それがなるほど!と、とても快感でした!

アマゾンのレビューなどでは、この部分が取って付けたような演出だったなどと言われていましたが、私はよかったと思いましたよ。

 

※こちらにレビューがいろいろ載ってます

スマホを落としただけなのに

スマホを落としただけなのに

  • 発売日: 2019/04/17
  • メディア: Prime Video
  •  
 

 

そしてなんと!

そっくりな作品もアマゾンプライムでみつけましたよ!

無料になったらぜひ観てみたい!

 

お気に入りリストに入れときましょうね。

スマホ拾っただけなのに

スマホ拾っただけなのに

 

 

残念なところは犯人の狂気はすべて母の影響ってこと

残念だったと感じたところは、犯人の狂気の原因、犯罪のきっかけとして出てきたものが、幼い頃の成育環境だったのですが、その内容があまりにもお粗末でした。

いろんなことを盛り込みすぎて、時間が足りなくなってしまったのかもしれませんが、この辺りがとても残念に感じました。

 

スマホを落としただけなのにの評価は星3つ☆☆☆

犯人の男の狂気の原因は、ロングヘアーの母親からの

「あんたなんか生まなきゃよかった!」

という言葉だった…

正直

「え?それだけでそんな風になる??」

っておもっちゃいました。

凄惨な虐待シーンがあるわけでもなく、この程度の場面なら、多くの家庭にありえること。

確かにこどもを傷つけるし、母親としては間違った対応であることは間違いない。

このことがトラウマになり、ずっと心に残って消えなくて、大人になっても引きずってしまう。

そういうこともあるでしょう。

しかし、それがこの凄惨な事件を引き起こすほどなのか?

そのあたりの説明不足感がモヤモヤしました。

もうひとり、同じような生い立ちを持つ刑事がいて、そのことでみんなが同じような犯罪を犯す訳ではない。

そんな風な対比はありましたが、それだけではやはり説明不足。

逆に言うと、そこをもっと丁寧に描いてほしかった!

そしたらもっと面白い作品になるのに!

というわけで残念ながら減点ありです。

スマホの持つ便利さと引き換えの危険性を知ることができるという事での加点もありです。

というわけで、結果は

 

星は3つ☆☆☆