やすちんち

子連れ旅5人家族の暮らしとお出かけおすすめ情報

【太陽光発電】設置してからの発電量と買い取り金額を公開【ソーラー&エネファーム】

太陽光の受給電力と買取金額の実際をおしえちゃいます!

f:id:yasuchin55:20181019135018p:plain

太陽光とエネファーム(大阪ガス)のW発電の家を建てたわが家。

もともと自家発電に興味があり、ゼロエネルギー住宅などにも関心がありました。

結果的にW発電を選んだ理由は、当時住宅メーカーと大阪ガスの共同キャンペーンが行われており、かなり値引きされたことが大きかったです。

はたしてW発電の家を選んだことは正解だったのか?

自分自身も答えが欲しくて検証してみようと思います。

新築から3年目に入った現在までの太陽光の発電量の推移と需給電力料で考えてみました。

※こちらの記事は、毎月の発電量を随時追加していきますので興味のある方はブックマークをお願いします!

 

搭載された太陽光発電の大きさは3.36kw

わが家に搭載された太陽光発電パネルの大きさは3.36kwです。

リース契約になっており、エネファームとのWリース料金は23090円/月になっています。

1年目(新築~2016年度)

2016年度

発電量 買取料金
11月 735kw 19845円
12月 203kw 5481円

 合計 938kw  25326円

 11月の発電量が多いのは、8月末に入居してから10月までの合算になっているからです。設置後すぐのこの頃は、天気のことが気になり晴れの日が待ち遠しかったです。

 

2年目(2017年度)

2017年度

発電量 買取料金
1月 169kw 4563円
2月 74kw 1998円
3月 0kw 0円
4月 330kw 8910円
5月 426kw 11502円
6月 406kw 10962円
7月 398kw 10746円
8月 326kw 8802円
9月 391kw 10557円
10月 293kw 7911円
11月 216kw 5832円
12月 233kw 6291円

合計 3262kw 88074円

 

 2月の金額が少なく、3月の金額が0円になっています。

これは太陽光発電のスイッチが何かの理由で切れたのに気がついていなかったからです。

発電量0円の明細を見て初めて気がつきました(汗)

※このことは後日記事にする予定です。

書きました!

参照記事 太陽光発電の故障!?1ヶ月の発電量が0kwだった場合の原因と対策

 

3年目(2018年度)

2018年度

発電量 買取料金
1月 173kw 4671円
2月 238kw 6426円
3月 315kw 8405円
4月 425kw 11475円
5月 399kw 10773円
6月 390kw 10530円
7月 307kw 8289円
8月 388kw 10476円
9月 342kw 9234円
10月 263kw 7101円
11月 316kw 8532円
12月 206kw 5562円

合計 3762kw  101474 円

 

3月4月の合計が740kw 19880円になっています。

昨年は74kw 1998円でした。

そこから考えると、昨年度はおよそ666kw 17882円の発電分を無効にしてしまいました。非常に残念です。

 そして、真夏の発電量が思いのほか少なくなっています。これは昨年も同じでした。

大阪ガスのサービス店に聞いたところ、理由は真夏はパネルの温度が上昇しすぎて作動状況が悪い場合があるということでした。

あの暑いエネルギーを上手く変換できればいいのにと考えてしまいました。

そして、9月に1000円程度安くなっています。

これは台風の影響で丸一日以上、緊急停止状態になっていました。そのためかと思われます。その時の記事はこちら

 

4年目(2019年度)

2019年度

発電量 買取料金
1月 181kw 4887円
2月 179kw 4833円
3月 237kw 6399円
4月 366kw 9882円
5月 458kw 12366円
6月 0kw 0円
7月 0kw 0円
8月 0kw 0円
9月 0kw 0円
10月 0kw 0円
11月 0kw 0円
12月 0kw 0円

合計 0kw  0 円

 

※この記事は随時、追記予定です

 

こちらもあわせて

W発電の家 カテゴリーの記事一覧