やすちんち

子連れ旅5人家族の暮らしとお出かけおすすめ情報

【エネファーム】6人家族毎月のガス使用量と料金【大阪ガス】

エネファームと床暖房を設置後のガス使用量と料金

f:id:yasuchin55:20181021181404p:plain

住宅メーカーと大阪ガスの共同キャンペーンにより、設置することになったエネファームと太陽光発電のW発電を搭載したわが家。

そして同時に床暖房も設置しました。

その家に住んでから実際にガス料金をいくら支払っているのかを公開します。

これからW発電の家を建てることを検討されている方の参考になればうれしいです。

【わが家のガスの使用状況】

  • ガス床暖房2ヶ所(6畳×2)
  • キッチン、風呂、洗面所、ガスファンヒーター1台

居住しているのは私たち夫婦と子ども3人(小学生2人、幼稚園生1人)義理父の6人です。

水道料金が知りたい方はこちら

電気の使用料金が知りたい方はこちら

発電量と受給電力が知りたい方はこちらをごらんください。

※こちらの記事は、毎月の発電量を随時追加していきますので興味のある方はブックマークをお願いします

1年目(新築~2016年度)

2016年度 ガス料金

使用量 使用料金
9月 72㎥ 6560円
10月 70㎥ 6076円
11月 92㎥ 7214円
12月 133㎥ 11924円

 合計  367㎥  31774円

 マンション住まいから一戸建てになり、お風呂のサイズが変わったためかガスの支払料金は1~2割程度高くなったと感じました。

電気料金は反対に5~7割程度安くなっているので、その点だけでみると光熱費は全体的に安くなっています。

2年目(2017年度)

2017年度 ガス料金

使用量 使用料金
1月 149㎥ 12998円
2月 133㎥ 12278円
3月 136㎥ 12690円
4月 91㎥ 7836円
5月 75㎥ 7051円
6月 68㎥ 6688円
7月 80㎥ 7450円
8月 96㎥ 8502円
9月 67㎥ 6766円
10月 70㎥ 6976円
11月 107㎥ 9232円
12月 126㎥ 12834円

合計 1198 ㎥ 111301円

11月~3月まではガス床暖房とガスファンヒーターを 使っているため、かなり高くなってしまいます。

しかしマンション住まいの頃もガスファンヒーターを使っていたので冬場は1万円を超えていました。

そう考えると、部屋が広くなり床暖房が増えたにもかかわらずこの支払い料金というのは安くなっていると感じます。

3年目(2018年度)

2018年度 ガス料金 

使用量 使用料金
1月 158㎥ 14887円
2月 142㎥ 13799円
3月 128㎥ 12926円
4月 81㎥ 7685円
5月 81㎥ 7795円
6月 68㎥ 7038円
7月 77㎥ 7658円
8月 92㎥ 8722円
9月 69㎥ 7269円
10月 63㎥ 6934円
11月 80㎥ 8212円
12月 93㎥ 11529円

合計  1132kw  114454円

昨年よりも3000円程度、少し高くなっています。

家族が6人なので、毎日の入浴はシャワーではなく浴槽に湯をためて入ることと、習い事などで入浴時間がバラバラになり追い炊きが増えたからだと考えました。

3年間を通して感じたこと

わが家の場合はエネファームを導入前は、今の一戸建てではなくマンションに住んでいました。

ですので一概に比べることは出来ないのですが、全体的に毎月2000円程度支払う金額が高くなっているように感じました。

そして3年間を比べると、徐々に支払ったガスの使用料金が高くなっています。

これはおそらく成長とともに子ども達がそれぞれ別々に入浴することが増えたためだと思います。

※この記事は随時、追記予定です

 

こちらもあわせて