やすちんち

子連れ旅5人家族の暮らしとお出かけおすすめ情報

同居のために建て替えをした家の間取り後悔していること3つ

間取りの失敗は同居生活に大きく影響します!

f:id:yasuchin55:20181212235715j:image

同居のために、家を建て替えたわが家。

同居生活がはじまって、まず強く感じたことは「間取りを失敗した」ということでした。

それは同居する上で、もっと想像しておけば避けられたかもしれないことでした。

これから家を建てられる方や、リフォームされる方の少しでも参考になればと思い書きました!

ちなみにわが家は、義理親とうまくいっていない同居家庭ですので、義理親との関係性が良く、ものすごく仲良しな場合は問題にならないことばかりかもしれません。

 

カウンターキッチンにしたこと

まずはじめに後悔したことはキッチンをカウンタータイプにしてしまったことでした。

そのために、常に義理父のハゲ頭を見ながら料理をすることになってしまいました。

カウンターキッチンとは、かわいい子どもや、愛するパートナーの姿を見ながらキッチンに立つということを前提に作られているスタイルなんですよね。おそらく。

同居家庭には、必要ない。

いや、むしろあってはならない物なのでした。

常に相手(義理父)の姿を目の端にとらえながら、キッチンに立っていなくてはいけないのです。

ゆるーいストレスがずっと続きます。

これはキツイ。

こんな目に合うことになるとは、住宅メーカーは教えてくれませんでした!(泣)

事前にこのことを知っていたら、どうしたでしょう?

きっと壁付けキッチンにして、シンクの前辺りに窓を付けたと思います。せめて外の景色を見て、気分転換ができるように。

リビング階段にしたこと

私たち夫婦世帯は2階にあるのですが、そこへ上がるための階段がリビング階段のため、お互いに相手の行動が常に丸見え。

玄関から2階へ上がれるようにすればよかったです。

義理父は常にリビングのテレビの前にいるため、すぐ横を通らなくては2階へ行けません。

これも単世帯ならではの間取りだというように、住んでみて感じました。

小さい子どもの姿がどこにあるかを常に見ていられるように。

コミュニケーションが取りづらくなった思春期の子どもと、顔を合わせる機会を増やすために。

そんな配慮のある間取りは、同居家庭には裏目に出ます。

ただでさえプライバシーなんてものが無い状況なのに、さらに追い討ちをかけられてしまいます。

プライベートな空間や気持ちを大切にした間取りを目指しましょう!

義理親の部屋をリビングの隣にしたこと

後悔している一番のポイントは、義理父の部屋をリビングの隣にしてしまったことです!

それも、リビングに続きの間のように和室を作って、そこが義理父の部屋なのです。

これは、本人の希望があったので選択はできなかったのですが、もっと想像力を働かせて強く意見すればよかったです。

なぜなら、義理父は寝るとき以外はずっとリビングにいるからです。

そして、物が溢れた義理父の部屋からリビングに少しずつ私物が進出してきているんです…。

以前の義理父の暮らしぶりは、ゴミ屋敷寸前のような状態でした。汚いものは無いのですが、とにかく物が捨てられないんです。

そのことは、別で記事にしています。

参照記事 処分見積もり100万円!ごみ屋敷寸前だった親の家を片付けた体験談

それなのに色々買ってきたり貰ってきたり。

そんな風に物が溢れ始めている様子を毎日見ることになってしまいました。

私は、物を少なくシンプルに暮らしたい方なので、目に入るたびにものすごいストレスを感じてしまいます。

もうこれでミニマリストにはなれません。

住宅メーカーからアドバイスがありました

このリビング続きの和室を義理父の部屋にすることに関しては、住宅メーカーの方の意見はこうでした。

「義理父様のお部屋はリビングと離れているのがスタンダードです」

きっと沢山のお家を作られているので、色んなケースを見られていたのだと思います。

義理父の部屋の間取りをリビングの隣にすると話した時には、私にこんな風に言われました。

「大丈夫ですか?お義父様のお家ですが、奥様(私)の家でもあるのです。もう一度相談なさっては?」※家は夫が建てました。義理父はお金を出していません。こういう言い方をされただけです

担当者は女性の方で、とても話しやすい方でしたので打ち合わせをするうちにとても仲良くなりました。

なのでこんな風に親身になって下さったのかもしれません。

この間取りに関しては、とても心配されました。

もし、プライベートで出会っていたら

「同居!?あかんあかん!やめとき!絶対あんた壊れるで!あたしいっぱい見てきたから!!」

とアドバイスされたかもしれません(笑)

そんな訳で、リビングの隣に義理親の部屋を作ったのは大失敗だったのでした。

 

これが私の後悔した3つのことでした。

これから家を建てられる方のお役に立てればよいのですが。

 

あわせてよみたい

同居 カテゴリーの記事一覧