やすちんち

子連れ旅、5人家族+1との暮らしについてや日々のこと。

ドンムアン空港近くでリーズナブルに泊まる!食べる!そして帰国

前の記事

  

f:id:yasuchin55:20180708154104j:plain

 空港行きのタクシートラブル! 

6日目の朝。

朝食後すぐに荷造りをしてロビーへ。

そして、約束していた昨日の旧市街まで乗った白タクのお兄ちゃんを待っている。

待っている。

待っている…。

て、遅くない!?

 

約束の時間を10分過ぎても白タクのお兄ちゃんは来ない…。

昨日は商売っ気がないところが気に入って、今日の空港行きを頼んだ彼なのだけど来ないとか!商売する気が無さすぎやろ!?

あかん!このままではバンコク行きの飛行機に乗り遅れる!!

あわててホテルのフロントのお姉さんに事情を話すと

別の車をすぐに手配してくれた。

といってもホテルの前にでて、いつも待機しているソンテウのおっちゃんに声をかけただけなのだけど。

なにやらタイ語でやりとりしたあと、そのおっちゃんのソンテウで空港まで送ってもらえることになりました。

フロントのお姉さんいわく、白タクのお兄ちゃんはソンテウのおっちゃんの息子で昨日は飲みすぎてまだ寝ているとな。

まーーじーーかーー!?

と、びっくりして白目を剥いている私に

すごく申し訳なさそうな表情をするでもなく、あやまる訳でもなく、なんだったら半笑いのまま、そのおっちゃんとお姉さんは「あいつはダメだ」と私に言ってきた。

いやーーー。そんなん言われなくてもわかっとるわ!

お姉さんはともかく、おっちゃんまで他人事みたいに言う!?

色々と腑に落ちないけれど、ここはタイ。

「マイペンラーイ(大丈夫・気にしない・問題ない)」のお国柄だもんね。

そんなわけで予定と変わり、来なかった息子の変わりにおとうちゃんが空港まで送ってくれることになったのでしたーーー!もうなんでもいいよ。行けるなら。

 

タイ航空で優雅な機内食

とまあ、ひと悶着ありつつチェンマイ空港へ到着。

予定より少し遅れたけれど、子どもを連れているので早めの予定で動いていたので慌てるほどではなかったのでよかった。ほっとする。

タイ航空チェンマイ発バンコク行きの飛行機は30分遅れで出発。

 

f:id:yasuchin55:20180809092532j:plain

 

1時間程度のフライトなのに軽食が出ましたよ!

さすがレガシーキャリア!興奮(笑)

パニーニっていうのかな?

チーズが入っていておいしかったです。

 

スワンナプーム空港からドンムアン空港へのシャトルバス

到着はスワンナプーム空港。

明日、日本へ帰るスクート航空はドンムアン空港発なので、スワンナプームからドンムアンまで移動しなくてはならない。

どうすればいいのか事前にネットで調べてみると、空港間のシャトルバスがあるそうでした。

 

「乗り換えのチケットを提示すれば乗せてもらえます。ただし当日のみ有効。」

え!?当日のみ?

じゃあ、翌日のチケットではダメなの?

ネットを検索しても答えは無かったので、とにかくバス乗り場に行ってみることにしました。

到着フロアの3階の出口を出たところにあります。

私は最初、バス乗り場の看板を頼りに動いてしまい1階へ行ったりとウロウロと迷ってしまいました。

3階ですよ!案内は何も無いです。お気をつけください!

f:id:yasuchin55:20180809092456j:plain

空港間のシャトルバス乗り場は、簡素なテーブルがひとつ置かれただけのものでした。そこで翌日発のスクートの搭乗券をプリントアウトした紙を見せると、何も言われずに乗せてくれました。

よかった!!

手の甲にスタンプを押され、それが乗車券の代わりになっているようでした。

f:id:yasuchin55:20180809092429j:plain

1時間ほどでドンムアン空港に到着。

朝のバタバタのためか、ぐっすり眠ってしまいあっという間の到着でした。

 

ドンムアン空港近くの格安ホテル

 

ドンムアン空港から、予約しているホテルまでは徒歩15分くらいの距離なので歩いていくか迷ったのですが

ムスメの「だっこ!!」が恐ろしかったのでタクシーを使うことにしました。

空港の目の前の道はハイウェイになっており、ずーーーーと走らないと一般道にでられませんでした。

結局かかった時間は20分。

支払った金額は200バーツ(約670円)

歩いたほうが早かった(笑)

まあ、でも歩くと確実に抱っこ地獄が待っていたでしょうから正しい選択だったのでしょう。

 

そして、チェックインしたホテルはこちら

 

ティップマンションドンムアン空港

Thip mansion (ทิพย์แมนชั่น)

住所:5 ซอย ทวีวัฒน์ 1 Khwaeng Si Kan, Khet Don Mueang, Krung Thep Maha Nakhon 10210, Thailand
web:donmuanghotel.com 

電話:+66 99 116 6365

 

1泊1250バーツ(約4080円)

朝食なし

1ダブルベット+2段ベット

wifi・冷蔵庫・薄型テレビ・ソファ・クローゼット・温水シャワー・バルコニー(ワンルームマンションのベランダくらいで狭い)

空港への送りあり(有料)

うう。部屋の写真を撮るのを忘れていました…

仕方がないのでイラストでご紹介!


f:id:yasuchin55:20180810231636j:image

掃除がきちんとされているようで清潔感はあります。

wifiはバッチリ!

ウィークリーマンションのような建物で、ほんとうに名前どうりの「マンション」で、内装などはシンプルです。

立地は近くにコンビニがあり便利です。

徒歩圏内にローカルの市場や屋台もあるので、最後に本場のタイ料理を堪能することもできます。

4名で4000円程度で泊まれるので、最後の1日は寝るだけという場合にはおすすめです。

ただしプールなどは無いですので長時間過ごす訳じゃなければ快適です。

そしてベットが広いので大人4人でも大丈夫。子供さんが中高生でも余裕で寝られますよ。

おすすめです!

 

 

ホテルの近くを散策。

コンビニへ行く途中の道で見つけたくだもの売りの車。

ピックアップトラックの荷台にくだものをたくさん積んで売ってました。

この時はドリアンの車とマンゴスチンの車が来ていました。
f:id:yasuchin55:20180810172059j:image

ラッキーなことに子ども達念願のドリアンとマンゴスチンをローカルプライスでゲットできました!

ナイトマーケットでは、あまりにも割高だったのでスルーしてたのだけど気がつけば最終日…どうしよう。市場でも探そうかと思っていたのでほんとにラッキーでした!

 ドリアンひと房100バーツ(約350円)

マンゴスチン1キロ25バーツ(80円)

f:id:yasuchin55:20180810172810j:plain

食後のデザート用に買って帰りました。

新鮮なドリアンはちっとも臭くなく、ねっとりとしてチーズに洋酒を混ぜたようなお味でした。

でもお酒と一緒に食べると良くないらしいですね。

合いそうなのに残念です(笑)

 

 

ドンムアン空港近くの安くておいしいレストラン情報

そのあとは夕食を食べるお店探し。

ホテルから10分ほど歩くと国道のような大きな道に出ます。

そこを空港と反対の方へ行くと何軒かのレストランがありました。

あ、レストランというか日本で言うところの食堂ですが(笑)

お客さんは地元の人ばかり。

まだ早い時間だというのにすでに何組みか食事をしていました。

むむ!これはおいしいお店なのかも!?

それに屋台ではなくお店なので、子どものお腹にも優しいんじゃない?

他を覗くことなく、このお店を最後の晩餐に決めました。

 

 

f:id:yasuchin55:20180811095405j:plain

お店の名前:ร้านข้าวต้ม Ot(読み方はわかりません汗)

住所:209 Thanon Song Prapha, Khwaeng Don Mueang, Khet Don Mueang, Krung Thep Maha Nakhon 10210, Thailand

電話:+66 2 566 1326 

 

店先にぶら下げられた鳥の丸焼きがそそります~!

f:id:yasuchin55:20180809092713j:plain

 

今回の旅で食べそびれていたトムヤムクンにもやっとありつけました!!

辛くって酸っぱくって美味しい~!!

f:id:yasuchin55:20180809092716j:plain

 このお店は3軒のお店がくっついているフードコート?屋台村?みたいな作りになっていました。

フルーツジュースはこっち、トムヤムクンはあっちで、鳥の丸焼きはここで~って感じで注文していきます。

どれも本場のパンチの効いたお味で、タイ料理大好きな私は大満足でした。

子ども達の食事は、麺が食べたいというので相談すると辛くないようにしてくれました。

「NO HOT」

これで通じますからご安心を(笑)

少し辛かったようだけど、やっとタイの味に慣れてきた子ども達は

「辛いけど美味しい~!!」

と笑顔で食べていました。完食。

もうちょっと早く慣れてくれたらもっと色んな料理を楽しめたのになあ。残念!!

 

お会計は全てのお店の分を一括で払いました。

いくらだったかメモするの忘れてた~汗

でも、ローカルプライスやな!と感じた記憶があるので安かったのだと思います。

 

最後の晩餐は大満足で締めくくることができました。

 

そして帰国

ホテルに戻り、シャワーを浴びてバンコクの夜を迎えました。

デザートに買っておいたドリアンとマンゴスチンを食べると、もう何も入らないくらいにおなかいっぱい。

上のお兄ちゃん達はドリアンをひと口ずつ食べて「もういい」

末っ子のムスメはクンクンと匂いを嗅いで「いらなーい」

あらら、子どもの口には合わないようでした。

まぁでも、どんだけ臭いか食べてみたい!って言ってたので食べられてよかったね(笑)

 

明日は朝起きるとすぐに空港へ向かうため、ホテルのシャトルに乗せてもらうように頼んでおいたので安心です。

独身の頃なら、せっかくの最後の夜。

次はいつ来られるかわからない。

さあ!飲むでえ~!!

と寝る間をおしんで遊んでいましたが、今は子どもと一緒なので10時には眠ってしまいました…。

 

そして翌日は定刻通りに飛行機は飛び日本に帰りました。

 

子連れ旅の感想

楽しかったタイ旅行。

寝台列車に象の村。

やりたかったことは全部実現しました。

ほんとうにここに来ることが出来てよかった。

子ども達といろんなことを共有できてよかった。

お金が無いからとあきらめないでよかった。

思い切って夫に行きたいと打ち明けてよかった。

強く願って行動したことで無理だと思っていたことが叶ったんだ。

 

この経験はこれからの私に力を与えてくれるだろう。

それはきっと子ども達にとってもだ。

 

生きているとしんどいことや辛いことが沢山ある。

だけど、その中にいくつかの楽しいことやうれしいことがあるからなんとかやっていけるんだ。

そんな楽しいことやうれしいことが辛いことよりも多い人生が「幸せ」ってことなんじゃないかな?

どんなものでもいいから自分自身の楽しいことを見つけることができるといいね。

かーちゃんはね、旅行がすきなんだ。

行く前もワクワクするし、知らない場所へ行ったり見たことないものを見たりするのが楽しいの。

一緒に来られてよかったよ。

ありがとう。

で、あんた達は何がすき?

見つかったら教えてね!

 

 

 

長い旅日記も終わりです。

読んでくださった皆さま、ほんとうにありがとうございました!

 

やすちん 2018年8月